キドックスで働くひと -里見
Interview

保護犬の支援方針を統括するドッグトレーナー

里見 潤 / Jun Satomi

2004年、警察犬訓練専門学校に入学。卒業後、2006年に出張トレーニング会社に入社。2008年5月より、動物愛護団体「ドッグシェルター」スタッフ。「ドッグシェルター」では、保護犬の適正テスト、引き取りから、しつけ、預かり先との連絡、里親への引き渡しまで、全ての業務を担当。2008年5月〜2011年7月の間に81頭の保護犬を自宅にて1頭づつ預かり、里親へ譲渡。独立後はドッグトレーナーとして活動し、出張トレーニングや犬に関する講師・執筆業も行う。

Q なんでキドックスで働こうと思ったのか?

自身の引きこもりと犬が社会復帰のきっかけになった経験に重なったため

Q キドックスの仕事のやりがいは?

ドッグトレーニングや保護犬との関わりを通して、引きこもりで悩む若者の成長を感じた時

Q キドックスの職場の雰囲気は?

一人一人と、丁寧に向き合おうとする職場

Q 将来の夢や目標は?(仕事面でもプライベート面でもOK)

ドッグトレーニングをもっともっと身近なものに。