トライアル中

コッペ

コッペ

プロフィール

年齢 推定2歳(2021年4月生まれ)
性別 女の子
犬種 雑種
体重 14kg
保護された時期 2023/09/06
医療について
体調は良好、主な疾病も特に見つからず健康
  • 疾病:特になし
  • 経過観察情報:  特になし
  • 処置済み医療:
    • ・避妊手術
      ・フィラリア治療薬
      ・ノミダニ駆除薬
      ・狂犬病ワクチン接種(年一回)
      ・混合ワクチン接種(年一回)
      ・マイクロチップ挿入済み

ハンドラーの若者に聞いた担当犬インタビュー

担当犬はどんな仔?

  • 性格やキャラクター

保護当初は人への興味はしっかりあるものの実際に自身のパーソナルスペースに立ち入られることや人の意識がコッペ自身に向くと緊張して距離を取ろうとする様子が有りました。

現在は明るくお調子者な面を多々見せてくれており、ニンゲンを遊びに誘う場面や馴れた環境ではコッペ自身がやりたい事や気持ちを吠えることでアピールするようになってきています。

  • 対人反応

人への興味関心のベースはありますが、いきなり距離を詰めたり触ろうとしたりなど犬の挨拶の順番が守れない状況下だと身体を固くし緊張します。

犬との挨拶の順番を守ることやオヤツを使うことで良好な関係が築けるでしょう。

また、時間を掛けることでコッペ自身の力で落ち着き慣れていくことが可能です。

  • 身体接触、お手入れ

身体接触やお手入れが苦手です。トレーニングを通じて身体に触れられることが少しずつ怖いものではなくむしろ心地よいものだと理解してきていますが、現時点では足先や尻尾などは触られると足を引いたり後ろに強くさ上がろうとしたりします。

特に爪切りが苦手で力強く逃げようとするため、無理をせずプロのトリマーさんなどに頼むことも必要になるでしょう。

また、里親家庭に行ってからも時間を掛けてお手入れ等のトレーニングすることが必要になります。

  • トレーニング反応

トレーニングは未経験のようですが、ベースの人への興味関心の高さもあって、トレーニングへの意欲は高いです。また、食べ物が大好きなので、オヤツをモチベーションとしたコマンドの反応がとても良いです。

トレーニングを通して、人との良い関係性を築くことができるでしょう。

  • 運動量、遊び

毎日の散歩と運動が必要であり、心身の成長にも良い影響を与えてくれます。
散歩は1日20分~30分を2回くらい行き、運動が足りているか様子を見てあげてください。お口を使った遊びが好きで、当初は敷物やマットをかじることがありました。おもちゃ遊びでは、木のおもちゃが好きで夢中でかじります。ただ、まだニンゲンが見ていたり一緒に遊ぼうとすると遊ぶのをやめてしまうため、徐々にニンゲンの前でも安心して遊べるようになるよう練習が必要です。おもちゃ遊びをすることで気持ちや体力の発散にも繋がるでしょう。

  • 散歩

中型犬のそれなりの強さの引っ張りがありますが、ある程度歩いたり声を掛けたちしながら歩くことで引っ張らずに歩くことが出来るようになってきています。お散歩が楽しいがゆえに基本は前へ前へと歩きますがいきなり道の横の草むらに飛び込むことがあるため、咄嗟の動きにも対応できるよう注意が必要です。また、新しい環境や場所、車などへの許容は広くないため新しい場所ではパニックになる可能性もあります。パニックの際は、強く抵抗したり前後左右に引っ張る可能性があるので、脱走しないようしっかりとコッペの様子を観察し、リードをしっかり持ったり、物理的に脱走を防げるようダブルリードの徹底などの対処が必要です。

  • 他犬反応

他犬への興味があり、自分から匂いを嗅ぎにいったり、遊びに誘ったりとすることがありますが、相手の様子を見ずに向かっていき興奮すると吠えや唸りが出るので他犬と遭遇した際は距離を保ち様子を見ることが必要でしょう。

現時点では他犬との接触経験が少ないため、他犬への態度や相性は引き続き観察中です。

  • 食事、フードガード(食べ物を護って怒る)

食べることは好きです。選り好みすることなくご飯をしっかり食べます。

保護当初のフードガードの確認では、護る反応はみられませんでした。日常のお世話で犬舎にフードボウルを出し入れする際も今のところ問題ありません。引き続き様子を観察していきます。

  • 排泄

トイレは現在完全外派のため、室内でできるようにするためにはトイレトレーニングが必要です。

  • ハウス、留守番、就寝

ハウスでの寝泊り、留守番はできますが、人が同じ空間からいなくなると大きな声で吠えたり犬舎の扉を激しくひっかく様子が有ります。

また、ハウス内の敷物を素材によってはかじってしまうため、誤飲防止のためにも、様子観察が必要です。ジョイントマットはかじってしまうため、現在は毛布を使用しています。

お世話の際の注意点はありますか?

ハウスからの飛び出し、脱走、誤飲誤食に注意。要求吠えへの対応が肝心。日々のストレス発散と家でのルール徹底が大切。
 

若く、活発なので日々の運動はしっかりとしてあげる必要があります。運動不足だと吠え、いたずらなどが強くなる可能性があります。

また、ご飯やお散歩などコッペ自身がやりたい事、好きな事などができないと要求吠えをすることあります。ご飯やお散歩の時間を決めない、要求吠えが出た際には反応しないなど家庭でのルール作りが重要になってきます。

 

脱走に注意が必要です。クレートなどから出す際に、前に前にと出てくることがあります。ジャンプ力もあるため腰の高さ程度のゲートでは容易に飛び越えられるでしょう。高さのあるゲートなど対応が必要になります。好奇心旺盛のため、各部屋の戸締りには注意してください。

 

また、誤飲誤食をしないよう様子をしっかりと観察することが必要です。

夜間や人の姿が見えない時に、ハウス内の敷物をかじったり、周囲にあるものをかじる様子があります。日々の運動をしっかりと行うと共に、誤飲誤食がないようコッペの様子を観察し、環境設定を行うことが必要です。

どんな家族が里親さんに向いていると思いますか?

明るく、人との関わりに興味がある良い仔です、学ぶ気持ちが人にあれば初心者家族にも向いています

性格は明るく、人とのコミュニケーションや一緒に何かをすることが好きです。

行動面としては自身の欲求からの吠えがあり、吠えを助長しないためのルール作りはが必要になります。気質面での難しさはそれほどなく、人への興味や関心を持っている性格なので、飼育初心者のご家族にも向いています。毎日のお散歩や適度な運動、コミュニケーションなどをきちんと行っていれば、家族の一員・良きパートナーとなってくれます。家庭で人と暮らしていく際のやっていいこと、いけないことや共通のルールはこれからお勉強していく仔です。運動や遊ぶことはもちろん、室内でリラックスして過ごすことも好きなので、ドッグトレーニングやアクティブな遊びと、まったりとした時間とのメリハリを一緒に楽しみたい方に向いているかもしれません。現時点では引っ張る力が強いので、ご高齢のご家族様には向いていません。

一覧へ戻る