キドックスで働くひと -村本
Interview

人と犬が互いに成長するプログラム統括コーディネータ


村本 知恵里 / Chieri Muramoto

犬の専門学校を卒業後、上京して動物病院や出張訓練などで犬の医療面・行動面において実績を積む。2012年よりキドックスに参画し、現場プログラムの統括コーディネータを勤める。
産業カウンセラー/JKC公認訓練士/JKC愛犬飼育管理士

Q なんでキドックスで働こうと思ったのか?

犬も人もそれぞれが幸せに暮らせたり自分らしく生きられるサポートが出来ると思ったから。

Q キドックスの仕事のやりがいは?

若者たちが犬を通し自分と向き合い、自身の課題を乗り越える過程を一緒に伴走できること。犬を通してニンゲンの温かい部分に触れられること。

Q キドックスの職場の雰囲気は?

それぞれが自分の仕事に責任を持ち全力で取り組みつつ、時には冗談を言い笑い合うようなメリハリのある雰囲気。厳しさと温かさがある職場。

Q 将来の夢や目標は?(仕事面でもプライベート面でもOK)

犬と人、人と人とを繋げることができるような役割を担っていきたい。今、周囲にいる人たちだけでなくこれから繋がる地域の人たちの中でもそうあれるようにしていきたい。