飼っている動物が迷子になった
Animal help

飼っている動物が迷子になった時の対応の流れ

1. 心当たりのある散歩コースなどを徹底的に探す

動が何より重要です。いなくなってから数時間はまだ近くにいる可能性が大きいため、まずは心当たりのある散歩コースなどを徹底的に探しましょう。

2. 茨城県動物指導センター、市町村役場、最寄りの警察署に連絡する

犬が迷子になった旨を伝えましょう。
虐待加害者との関係性によっては匿名での通報も可能です。
 >茨城県動物指導センター (0296-72-1200)
 >茨城県市町村役場一覧
 >茨城県警察署一覧

3. 庭や玄関先などに捕獲機や餌や監視カメラなどを設置する

性格などを踏まえて、自宅に戻ってくる可能性がある子の場合は、庭や玄関先などに捕獲機や餌や監視カメラなどを設置しておきます。

4. 目撃情報を集める

・カラーのチラシ作成、印刷
 ・チラシ配り(電柱やお店への貼りだし、通行人への聞き込み等)、ポスティング
 ・SNSでの拡散、場合によっては専用アカウント作成

5. 動物指導センターの公示情報を毎日チェックする

6. 新聞折込を手配する

3日経っても目撃情報がない場合は、広範囲にわたっての目撃情報の収集が必要なため、新聞折込の手配を行いましょう。

7. 捕獲する

目撃情報によって場所が特定できてからは、捕獲機の手配・設置・監視カメラの設置・張り込み・餌の取り替えなどを捕獲できるまで行います

8. 無事に保護できたら、きちんとチラシの回収やお礼回りを行う

当会での迷子探しのお手伝いについて

迷子探しについては、下記の掲示板への掲示という形でお手伝いさせていただいております。
掲載をご希望の方は、掲示板ルールをご一読いただいてから、下記の掲示板専用フォームよりお申込みください。
なお、無事に見つかって保護できた際も、同じフォームより必ずご報告ください。