ご家族の方へ

いぬのいえタイトル画像

ご家族の方へ

「家族だけで悩みを抱え込まないでください」
まずは親御さんの悩みを少しでも楽にしていただきたいと思って
います。

ご家族自身が自分を犠牲にしてまで関わってしまうと、家族だけで抱え込んでしまい、家族そのものがひきこもり状態になってしまうことがあります。そうならないためにもご家族自身が息抜きや交流をして、外部の人と関わり社会参加をすることも大切です。
まずは、ご家族だけで抱えている重荷をおろしていただき、お子さんの将来を見据えたうえで今できることは何かを一緒に考えます。お子さんとご家族にとって今何が大切なのか、私達も一緒に考えていければと思っています。
ie_img33

 ■ ひきこもりは怠け?甘え?

よくそのように批判されますが、決してそうではありません。心の病気が隠されていたり、思春期から青年期の課題(=親からの自立や、自信の獲得)が遅れていたりします。

■ ひきこもりは家族の責任?

ご家族は自分を責め、自信を失いがちですが、決してそんなことはありません。社会全体が取り組むべき現代の課題です。

■ ひきこもりは放っておけば、そのうち立ち直る?

人は誰でも、自然に回復する力を持っています。しかし、長い間社会との接点を失っていると、回復するチャンスを失い、長期化してしまいます。自分だけの力ではきっかけが見い出せずなかなかよくなりません。

■ ひきこもりは恥ずかしい。情けない。

決して恥ずかしいことではありません。情けないことでもありません。現代社会では誰にでも起こりうる状況です。同じ状況になり悩みを抱えている方もたくさんいらっしゃいます。

■ とてもよくなるとは思えません。

長期間ひきこもっていると、気持ちが悪循環して自信を失い、絶対よくならないと思い込んでしまいます。100%よいところだけの人はいませんし、すべて悪いところだけの人もいません。相談して、一緒に解決の糸口を探しましょう。

ie_img09

これまで息苦しい思いをしていたお子さんが少し新しい環境に触れて自分自身を見つめる時間が必要かもしれません。
何らかの手助けがなければ
なかなか一歩を踏み出せない状況なのかもしれません。
「若者自立支援プログラムいぬのいえ」ではそんな最初の一歩を踏み出すお手伝いをしております。
最初はご家族のみからの相談もいただいています。ご家族やご親族、お友だちの方からの相談もお受けしています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先 ※初回相談は無料で承っております。
電話:029-846-0661  メール:info@kidogs.org

 

いぬのいえバナー

いぬのいえバナー

 

Copyright(c) 2012 KIDOGS All Rights Reserved.