お知らせ
News

2022/09/22 講演

【講演】石岡第二高等学校にて出張授業


先日、茨城県の石岡第二高等学校にて実施された「起業家講和」に登壇してまいりました!

茨城県の捨て犬のこと、保護活動のこと、子ども若者たちのこと、起業した経緯、やりがいや大変なことについて、などを高校生のキャリア支援のひとつとしてお話をさせていただきました。

皆さんとても真面目に耳を傾けてくれ、たくさんの感想をいただきました。

以下、その中の一部をご紹介させていただきます!

 

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

・困っている誰かを助けると次は自分が困っている時に救われる。お互い様という言葉、仕事はお金が報酬だけだと続けることができない。お金だけでなく他の報酬も必要だ。という言葉が心に残りました。

・講話の中で上山さんが言っていた「可哀相だけでは保護できない、飼わないことも愛情」という言葉が、とても印象に残りました。自分も保護犬と暮らしてみたいと思っていたけれど、飼えなくなって犬も自分も不幸になるよりは飼わない方がずっといいと考えさせられました。また、起業は大変なことの方が多いけど自分らしく生きることができる、やりがいが大切という言葉を聞いて自分の本当にやりたいことは何かじっくり考えてみようと思いました。

起業してしばらくは大変だが、多くの人がそれを必要としていくことでそれが仕事になったりやりがいになったりする。大変な時もあるが今はやりがいのほうがあるし、自分らしく生きてる充実感があると言っていて凄いなぁと思った。お金のためにやっているわけじゃないと言う言葉がとてもかっこよかった。殺処分を無くすためにできることをしようと考えた。

・いじめを受けてきた人でも遠回りをしても今自分にできることを見つけて頑張れてる。素敵なことだと思った。

・私は社会福祉士を目指しているのでこのような仕事も出来るんだと知り、より社会福祉士になりたいと思いました。

・最初からできないと決めつけずに、最初始めたうちはお金にならないかもしれないけど、みんなに認められるようになったら会社として成り立つようにいつか成功する日が出てくるからそれまで努力し続けることが大切だと思った。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

 

他にもたくさんの素晴らしい感想をいただきました!

そしてなんと、、講演会で卒業犬の話をしたら、キドックスカフェに遊びに来たことがあるという先生がいらっしゃって保護犬時代にカフェで触れ合ったことがある子だったとのこと!今の幸せそうな様子を聞けてよかったとお話されてました。

地元のつながり感にほっこりしました

生徒さんにとっても将来を考える何か良い機会となっていたら嬉しいです。

 

ご参加いただいた生徒の皆さん、先生方、雇用人材協会の皆様、ありがとうございました!

代表の上山でした。